忘年会で居酒屋の個室を利用したことがあるが、他のお客さんに余計な気を使わなくてよいので便利だと思う。

グルメエッセイサイト 居酒屋のすすめ

グルメエッセイサイト 居酒屋のすすめ

居酒屋の個室はとても快適

世の中はそろそろ忘年会シーズンです。食事に行くと、早めの忘年会で盛り上がっているお客さんたちを見かけるようになってきました。忘年会は、宴会ですからアルコールも入り、いつもより羽目を外すことも多くなって、静かに食事をしたい時などはうるさいと思ってしまうことがあります。反対に、自分たちが忘年会をしていると、迷惑をかけていないだろうかと心配になります。5年ほど前、当時の職場の女性職員だけで忘年会を行いました。場所は居酒屋で、気取らない軽めの会の予定でした。指定された会場へ行って予約者の名前を告げると、通された場所はしっかりとドアの閉まる個室でした。テーブルや掘りごたつなどは居酒屋の雰囲気そのものなのですが、部屋の構造はカラオケボックスのイメージでした。

部屋はしっかりと防音されていて、注文をする時にはカラオケボックスのようにインターホンで店員さんを呼んで来てもらうようになっていました。初めて見る部屋だったので、幹事の方に聞くと、そこの居酒屋では大人数で予約を取ると必ず個室に通されるシステムになっているのだそうです。大人数で予約をするということは、忘年会ではなくても何かしらの宴会をするということで、居酒屋である以上アルコールを飲むことが多く、予想外に盛り上がってしまっても気兼ねなく楽しめるようにとの配慮なのだそうです。また、他のお客さんと空間を遮断することで、声の大きさや話の内容によるお客さん同士のトラブルを防ぐ目的もあるそうです。周りのお客さんを気にしなくてもよいというのが本当に気が楽で、楽しむことができました。居酒屋に大人数用の個室があると、とても便利だと思います。

新着おすすめ